2021.4.8 21:55

砂間敬太が初の五輪切符「ほっとしました」/競泳

砂間敬太が初の五輪切符「ほっとしました」/競泳

男子200メートル背泳ぎ決勝 記念撮影に臨む(左から)2位の砂間敬太、優勝した入江陵介、3位の坂井聖人=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)

男子200メートル背泳ぎ決勝 記念撮影に臨む(左から)2位の砂間敬太、優勝した入江陵介、3位の坂井聖人=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)【拡大】

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200メートル背泳ぎは入江陵介が1分55秒52で優勝し、2位の砂間敬太(ともにイトマン東進)とともに代表入りした。

 男子200メートル背泳ぎで前回リオデジャネイロ五輪前の日本選手権は3位で代表入りを逃した砂間は2位。初の五輪切符を獲得し「ほっとしました」と息をついた。

 「何がなんだか分からない状況だった」というが、がむしゃらに泳ぎ続け、結果的にはプラン通りに残り50メートルでペースを上げてみせた。それでも先行する入江に届かず「しっかり前半から行けて、ラスト50も上げられるようにしたい」と課題を口にした。