2021.4.8 21:54

2位の酒井夏海「4人で高め合いたい」/競泳

2位の酒井夏海「4人で高め合いたい」/競泳

女子100メートル自由形で優勝した池江璃花子。左は2位の酒井夏海、右は3位の五十嵐千尋=東京アクアティクスセンター

女子100メートル自由形で優勝した池江璃花子。左は2位の酒井夏海、右は3位の五十嵐千尋=東京アクアティクスセンター【拡大】

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100メートル自由形で白血病から復帰した20歳の池江璃花子(ルネサンス)が53秒98で優勝し、日本水連が定める400メートルリレーの選考基準をクリアして代表に決まった。池江は400メートルメドレーリレーに続く代表。

 2位の酒井夏海(スウィン美園)、3位の五十嵐千尋(T&G)、4位の大本里佳(ANAイトマン)も400メートルリレーの選考基準を満たして代表入りした。

 女子100メートル自由形は池江を含めた上位4人が400メートルリレーの派遣標準記録を突破。2位の酒井は「自分が自由形で五輪に行けると思っていなかった。4人で高め合いたい」と声を弾ませた。

 3位の五十嵐は800メートルリレーに続く代表入り。「自分は第1泳者かアンカーを務めることが多い。頼れる存在になりたい」と意気込む。得意の200メートル個人メドレーで五輪代表を逃した大本は、練習していなかった100メートル自由形で4位に滑り込み「五輪の決勝で世界と戦いたい」と笑顔を見せた。