2021.4.8 21:37

川本武史、決勝は日本新に期待 100バタで日本記録に並ぶ/競泳

川本武史、決勝は日本新に期待 100バタで日本記録に並ぶ/競泳

男子100メートルバタフライ準決勝 日本タイ記録でゴールし指を突き立てる川本武史=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)

男子100メートルバタフライ準決勝 日本タイ記録でゴールし指を突き立てる川本武史=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)【拡大】

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子100メートルバタフライ準決勝は川本武史(トヨタ自動車)が日本記録に並ぶ51秒00で9日の決勝に進んだ。

 男子100メートルバタフライ準決勝で、川本が11年以上更新されていない日本記録に並んだ。9日の決勝での更新に期待が膨らむ。

 2月のジャパン・オープンで5年ぶりに自己ベストを更新。そこから好調を維持し、強化と調整が順調に進んだことをうかがわせた。「夏までには50秒台中盤を目指す」と高い目標を掲げた男が、初の五輪代表入りへ勢いづいている。