2021.4.8 17:48

萩野公介、200個メ2位で代表決定 瀬戸大也がV/競泳

萩野公介、200個メ2位で代表決定 瀬戸大也がV/競泳

特集:
萩野公介
男子200メートル個人メドレー決勝 記念撮影に臨む(左から)2位の萩野公介、優勝した瀬戸大也、3位の松本周也=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)

男子200メートル個人メドレー決勝 記念撮影に臨む(左から)2位の萩野公介、優勝した瀬戸大也、3位の松本周也=東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 競泳日本選手権第6日(8日、東京アクアティクスセンター)東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(26)=ブリヂストン=が1分57秒43で2位。800メートルリレーに続く代表入りを決めた。2019年世界選手権で金メダルを獲得して既に代表に内定していた瀬戸大也(26)=TEAM DAIYA=が1分57秒41で制した。

 ▼競泳の五輪代表選考 個人種目は日本選手権の決勝で、日本水連が定める派遣標準記録を突破し、2位以内に入れば代表に決まる。100メートル、200メートル自由形の4位までと100メートル種目の優勝者は、リレー代表の選考対象になる。