2021.4.8 17:46

川井梨紗子、昨年2月以来の実戦も「いつも通り」 五輪代表がアジア選手権へ/レスリング

川井梨紗子、昨年2月以来の実戦も「いつも通り」 五輪代表がアジア選手権へ/レスリング

オンラインで取材に応じるレスリング女子57キロ級の川井梨紗子=8日

オンラインで取材に応じるレスリング女子57キロ級の川井梨紗子=8日【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 レスリング女子で57キロ級の川井梨紗子、62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹ら東京五輪代表5人が8日、アジア選手権(13~18日・アルマトイ=カザフスタン)に向け、オンライン取材に応じた。昨年2月以来の実戦となる川井梨は「いつも通り。うまくいかないことがあっても修正するのを練習してきたので、それを出せればいい」と抱負を口にした。

 川井友は新型コロナウイルス禍の間に、体重を約3キロ増やしてパワーをつけ「レベルアップしている。やってきたことを全部出したい」と意欲をのぞかせた。53キロ級の向田真優(ジェイテクト)は2019年世界選手権決勝で敗れたパク・ヨンミの北朝鮮が東京五輪不参加を表明したことに「最後の最後まで分からないので闘う気持ちで準備している」と話した。

 五輪2連覇を目指す68キロ級の土性沙羅(東新住建)は「攻めるレスリングを取り戻してやっていけたら」と語り、昨年6月に右膝を手術した76キロ級の皆川博恵(クリナップ)は「五輪に向けてもう一度、試合勘を取り戻したい」と位置づけた。