2021.4.8 10:47

コンサドーレ、今大会初の連勝 阿部「やりやすいようになった」/カーリング

コンサドーレ、今大会初の連勝 阿部「やりやすいようになった」/カーリング

デンマーク戦でショットを放つ清水。左は谷田、右は阿部=カルガリー(日本カーリング協会提供)

デンマーク戦でショットを放つ清水。左は谷田、右は阿部=カルガリー(日本カーリング協会提供)【拡大】

 来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子世界選手権第6日は7日、カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表のコンサドーレはデンマークに10-6、オランダに7-5と連勝して4勝6敗となった。

 コンサドーレの日本は今大会初めて連勝した。前日夜に石が研磨されたといい、リード阿部は「状況が変わってやりやすいようになったかな」と振り返る。この日は大きなミスなく試合を進め、前日まで調子を落としていたサード清水はデンマーク戦でショット成功率が100%だった。

 1次リーグの残り試合は同じアジアのライバル韓国、中国と前回王者スウェーデン。スキップ松村は「3連勝のチャンスはあるのでやっていきたい」と気合を入れ直していた。(共同)