2021.4.8 17:10

コンサドーレ、連勝し4勝6敗に/カーリング

コンサドーレ、連勝し4勝6敗に/カーリング

デンマーク戦でショットを放つ清水。左は谷田、右は阿部=カルガリー(日本カーリング協会提供)

デンマーク戦でショットを放つ清水。左は谷田、右は阿部=カルガリー(日本カーリング協会提供)【拡大】

 来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子世界選手権第6日は7日、カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表のコンサドーレはデンマークに10-6、オランダに7-5と連勝して4勝6敗となった。

 デンマーク戦は序盤から複数点のエンドを重ねて快勝。オランダ戦は2-2の第5エンドから連続で2点スチールした。(共同)

阿部晋也の話「チームとしても結構まとまってきた。(次は)パシフィック・アジアのライバル2チームとやるので、そこで存在感を出したい」

清水徹郎の話「自分の中では細かいミスがちょっとあった。(オランダ戦は)終盤で相手に攻め込まれる部分があったので、もう少しそういう部分を修正して次の試合にいけたら」

谷田康真の話「(デンマーク戦は)エンドをコントロールできた。(オランダ戦は)序盤、中盤に相手にうまくプレッシャーかけることができた。次も同じような、それ以上のパフォーマンスを出せるように頑張りたい」

松村雄太の話「ミスがだいぶ減ったのでチームとしてはやりやすくなった。勝つとご飯もおいしい。残り3試合はもっとやれるところがあるので、しっかり詰めながらゲームをやれればなと思う」