2021.4.7 10:33

池江璃花子、全体トップで午後の準決勝へ/競泳

池江璃花子、全体トップで午後の準決勝へ/競泳

特集:
池江璃花子
女子100メートル自由形予選、池江璃花子の泳ぎ=東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)

女子100メートル自由形予選、池江璃花子の泳ぎ=東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 東京五輪代表選考会を兼ねる競泳の日本選手権は7日、東京アクアティクスセンターで大会5日目が行われ、池江璃花子(20)=ルネサンス=が女子100メートル自由形予選で54秒30をマーク。予選で早くも400メートルフリーリレーの派遣標準記録(54秒42)を上回り、全体1位で午後の準決勝に進出した。

 池江は大会2日目の4日に行われた女子100メートルバタフライで400メートルメドレーリレーの選考基準(優勝と派遣標準記録57秒92)を突破し、東京五輪代表に決まった。この日の100メートル自由形に加えて50メートルの自由形、バタフライにもエントリーしており「あと3本あるので、気を抜かずに頑張っていきたい」と話していた。