2021.4.6 17:38

川内優輝「マンボーが出されたことで風向きが変わってしまった」

川内優輝「マンボーが出されたことで風向きが変わってしまった」

川内優輝

川内優輝【拡大】

 仙台市は5日、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、5月9日に予定していた仙台国際ハーフマラソンを中止すると発表した。2年連続の措置で、参加料の一部返金を検討している。市によると、今回はコロナ対策のため、参加者数を例年の4割程度の約4200人に絞り、関連イベントを縮小して開催する予定だった。

 陸上男子マラソンの川内優輝(34)=あいおいニッセイ同和損保=は同日、自身のツイッターで「様々な対策を講じて準備をしていた仙台国際ハーフマラソンは開催されて欲しいと思っていましたが、マンボーが出されたことで風向きが変わってしまったように感じます」と残念がった。

 宮城県では、感染者の急増を受け、5日から1カ月間、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が取られている。