2021.3.31 18:13

荒井広宙、藤沢勇らエントリー 日本選手権50キロ競歩

荒井広宙、藤沢勇らエントリー 日本選手権50キロ競歩

 日本陸連は31日、東京五輪代表選考会となる日本選手権50キロ競歩(4月11日・石川県)のエントリー選手として、2016年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの荒井広宙(富士通)、同代表の藤沢勇(ALSOK)らを発表した。

 世界選手権出場経験のある野田明宏、勝木隼人(ともに自衛隊)、丸尾知司(愛知製鋼)、小林快(新潟アルビレックス)も名を連ねた。日本陸連が定めた派遣設定記録(3時間45分0秒)をクリアして優勝すれば五輪代表に決まる。

 女子20キロで五輪参加標準記録などに挑戦する特別レースも行われる。