2021.3.27 16:05

八角周平、東京五輪へは両にらみ「冷静に考えたい」/カヌー

八角周平、東京五輪へは両にらみ「冷静に考えたい」/カヌー

特集:
東京五輪競技ニュース
 男子カナディアンシングル1000メートル 1位になった八角周平=香川県坂出市

 男子カナディアンシングル1000メートル 1位になった八角周平=香川県坂出市【拡大】

 カヌー・スプリントの東京五輪世界最終予選(5月20日・ロシア)代表選考会は27日、香川県坂出市の府中湖で行われ、男子のカヤックシングル1000メートルは松代龍治(セントラルサーフク)、カナディアンシングル1000メートルは八角周平(千葉県協会)がトップで出場権を得た。

 男子カナディアンシングル1000メートルの八角は安定したペースを刻んで後半に巻き返した。「終盤の強みを生かせるようなレースができた」と納得の表情だった。

 「世界の選手と五輪出場枠を争う経験は一生に一度」と、世界最終予選への思いを語った。ただ同種目は世界との差が大きく、五輪は開催国枠での出場が現実路線。その枠を争う国内選考会が最終予選直後の5月末に行われる可能性があり「東京五輪に向けて冷静に考えたい」と、両にらみで強化を進める。