2021.3.16 05:00

松田瑞生「忘れられない」レースに 名古屋ウィメンズVから一夜明け/マラソン

松田瑞生「忘れられない」レースに 名古屋ウィメンズVから一夜明け/マラソン

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田瑞生=15日、名古屋市中区(代表撮影)

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田瑞生=15日、名古屋市中区(代表撮影)【拡大】

 名古屋ウィメンズマラソンを2時間21分51秒で制した松田瑞生(25)=ダイハツ=が14日のレースから一夜明けた15日、名古屋市内で記者会見。自己ベストに4秒届かず悔し涙を流したが、この日は晴れやかな表情で「(強風で)過酷なレースだったが、競技人生で忘れられない一本になった」と話した。

 今後は補欠で控える東京五輪に向けて仕上げる。モチベーションの維持が難しい立場だが、日本陸連の瀬古利彦強化戦略プロジェクトリーダー(64)が「女子で一番安定感がある」と認める“最強の補欠”は「日本対世界の戦い。出場する選手と同じ気持ちで準備していく」と誓った。

 男子日本新記録を樹立した鈴木健吾(25)=富士通=らから、200通を超えるお祝いメッセージが届いた。母・明美さんからは「あんた泣きすぎやわ! もっとかわいく映ってほしかったわ」と“浪花節”で祝福されたという。「周りを巻き込む走りができたんだなと思うとうれしかった」と笑顔を見せた松田。力強い走りでチームジャパンを支える。(武田千怜)