2021.3.15 09:23

松田瑞生、男子日本記録保持者の鈴木健吾が「ほめてくれた」/マラソン

松田瑞生、男子日本記録保持者の鈴木健吾が「ほめてくれた」/マラソン

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田瑞生=15日、名古屋市中区(代表撮影)

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田瑞生=15日、名古屋市中区(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 14日の名古屋ウィメンズマラソンを2時間21分51秒で制した松田瑞生(25)=ダイハツ=がレースから一夜明けた15日、名古屋市内で記者会見した。

 レース直後は自己ベストに4秒届かず、悔し涙を流したが、この日は晴れやかな表情。200通を超える祝福のメッセージが届いたといい、「『私も泣いた』『感動した』というコメントが多かった。周りを巻き込む走りができたんだなと思うとうれしかった」と頬を緩めた。

 男子の日本記録(2時間4分56秒)保持者で、親交の深い鈴木健吾(25)=富士通=からも連絡があった。「『俺ももっと頑張ろうと思った』とほめてくれた。互いに切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」と力を込めた。

 東京五輪の補欠で「補欠である以上、一緒に戦わないといけない。選手と同じ気持ちで臨んでいく」と今夏を見据えた。