2021.3.14 14:58

男子は鎌田航生が優勝、女子は小林成美 学生ハーフマラソン

男子は鎌田航生が優勝、女子は小林成美 学生ハーフマラソン

 日本学生ハーフマラソン選手権は14日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地周回コースで行われ、男子は鎌田航生(法大)が1時間3分0秒で優勝した。7秒差の2位に鈴木芽吹(駒大)、さらに1秒差の3位に島崎慎愛(国学院大)が入った。

 女子は小林成美(名城大)が1時間14分36秒で制し、鈴木優花(大東大)がタイム差なしの2位。新型コロナウイルスの影響を受け、今大会は周回コースで観客を入れずに行われた。(共同)

鈴木芽吹の話「走る前は不安が大きかったが、強い気持ちを持って冷静に走れた。スピードがついてきた感覚があるので、今日も(強い向かい風の中で)勝負できるのではと思った」

鈴木優花の話「自分が引っ張っていかないといけない状況で、冷静に走れた。最後の勝負で(いったんは前に)一歩出たが、胸の差で負けた。スパートに課題が残る」