2021.3.4 08:00

川内優輝を奮い立たせた「ある実業団の監督」の言葉

川内優輝を奮い立たせた「ある実業団の監督」の言葉

フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)

フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)【拡大】

 陸上男子マラソンの川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=が2日、通算100度の2時間20分切りがギネス世界記録に認定されたことを受けて東京都内で会見し、「小さい頃からコツコツ走り続けてきたことが記録に結び付いた。150回、200回と切り続けられる限り達成していきたい」と語った。

 川内は3日、自身のツイッターで「若い頃に『君に何が足りないかわかるか? 1度やったことを2度やって、2度やったことを3度やる。それが実業団だ。君はそれができていない』とある実業団の監督に言われて悔しく思ったことを覚えています」と回顧。「そして、今では100回やれました。サブ10だと14回。私を奮い立たせてくれた言葉に感謝です」と胸を張った。