2021.3.2 21:30

川内優輝に2時間20分切り100回達成のギネス認定 記録更新挑戦は「50歳まで可能では」/陸上

川内優輝に2時間20分切り100回達成のギネス認定 記録更新挑戦は「50歳まで可能では」/陸上

フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)

フルマラソン2時間20分以内100回達成がギネス世界記録に認定され、認定証を受け取り笑顔を見せる川内優輝(代表撮影)【拡大】

 陸上男子マラソンの川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=が通算100度の2時間20分切りを達成したとして2日、東京都内でギネス世界記録の認定証を受け取り、記録更新に意欲を示した。

 「6歳から27年以上コツコツ続けてきたことが記録に結びついた。150回、200回と健康な体を維持して達成したい」

 初マラソンは2009年の別府大分毎日で、通算107戦目だった昨年12月の防府読売で節目を迎えた。19年春に公務員ランナーからプロに転向。1984年ロサンゼルス五輪代表で40代に入っても活躍した宗猛(現旭化成総監督)を引き合いに、「(ギネス世界記録挑戦は)50歳くらいまで可能じゃないか」と力を込めた。

 2月末のびわ湖毎日ではレースで初めて厚底シューズを履き、8年ぶりの自己ベストとなる2時間7分27秒をマーク。「改善していけば2時間6分30秒切りも狙っていける」。「生涯現役」を貫き、自己記録にも挑み続ける。(鈴木智紘)