2021.2.27 18:22(1/2ページ)

田中希実、4位も東京五輪へ「必ずつながってくる」クロスカントリー挑戦/陸上

田中希実、4位も東京五輪へ「必ずつながってくる」クロスカントリー挑戦/陸上

女子で力走する萩谷楓(2031)と田中希実(2039)=福岡市海の中道海浜公園

女子で力走する萩谷楓(2031)と田中希実(2039)=福岡市海の中道海浜公園【拡大】

 陸上の日本選手権クロスカントリーは27日、福岡市海の中道海浜公園で行われ、女子(8キロ)に出場した東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(21)=豊田自動織機TC=は26分22秒で4位。起伏あるコースで自然とペース変動が激しくなるクロスカントリーをトラックレースでの強豪との戦いに仮想し、本番に向けて課題を得た。萩谷楓(20)=エディオン=が25分54秒で優勝した。男子(10キロ)は三浦龍司(19)=順大=が29分10秒で制した。

■負けは「自分の力のなさ」

 トラックでの世界の強豪たちとの競り合いを想定し、田中が8キロの難コースに挑んだ。4位に敗れてくちびるをかみしめたが、大舞台に向けて収穫も手にした。

 「力を出した上で負けてしまったのは自分の力のなさ。次のシーズンに向かうための活を入れる形にできれば」

 高さ6メートルの丘や砂道もある1周2キロのコース。2年前に優勝したレースだった。今回は3周目に入るところから萩谷らに離されると、巻き返すことはできなかった。

【続きを読む】