2021.2.26 05:01

武将山、母校・埼玉栄高から化粧まわし「悔いのない前へ出る相撲を取りたい」

武将山、母校・埼玉栄高から化粧まわし「悔いのない前へ出る相撲を取りたい」

母校から贈られたあこがれの化粧まわしを手に、気を引き締める武将山(埼玉栄高提供)

母校から贈られたあこがれの化粧まわしを手に、気を引き締める武将山(埼玉栄高提供)【拡大】

 大相撲春場所(3月14日初日、両国国技館)春場所で新十両昇進を果たした武将山(ぶしょうざん)に25日、母校・埼玉栄高から鮮やかなオレンジ色を基調とした化粧まわしが贈られた。東京・荒川区の藤島部屋へ届き「あこがれの先輩がつけていた化粧まわし。いつか自分もつけたいと思っていた」と実感を込めた。武将山は師匠の藤島親方(元大関武双山)が平成22年9月に前身の武蔵川部屋を継承後、初の新十両。「勝っても負けても悔いのない前へ出る相撲を取りたい」と気を引き締めた。