2021.2.25 18:17

橋本聖子会長「経験生かす」 スポーツ庁・室伏広治長官と会談

橋本聖子会長「経験生かす」 スポーツ庁・室伏広治長官と会談

スポーツ庁を訪問し、室伏長官(右)と腕を合わせる東京五輪・パラリンピック組織委の橋本会長=25日午後、東京・霞が関(代表撮影)

スポーツ庁を訪問し、室伏長官(右)と腕を合わせる東京五輪・パラリンピック組織委の橋本会長=25日午後、東京・霞が関(代表撮影)【拡大】

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が25日、スポーツ庁を訪問して室伏広治長官と会談した。「(五輪相から)立場は変わったが、経験を生かしながら、皆さまに理解してもらえるようにしっかり取り組みたい」と抱負を述べた。

 室伏氏はスポーツ庁のシンボルカラーであるオレンジ色のマスクを着用して応対。組織委理事も務めており「われわれもしっかりサポートしていく」と協力を約束した。

 ともに五輪メダリストで、橋本氏はスピードスケートと自転車で夏冬計7度の五輪に出場した。2004年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ王者の室伏氏は「一番選手に近い方が就任し、選手の声を聞いてもらえるという期待もあると思う。一緒に、安心してトレーニングなどができるようにしたい」と呼び掛けた。