2021.2.24 21:18

西川ら36人が申し込み 春場所の新弟子検査

西川ら36人が申し込み 春場所の新弟子検査

 日本相撲協会は24日、春場所(3月14日初日・両国国技館)に向けて26日に国技館で実施される新弟子検査の受検者を発表し、昨年11月の全国学生選手権個人準優勝で、三段目100枚目格付け出しが承認されている中大の西川登輝(22)=大阪府出身、境川部屋=ら36人が申し込んだ。

 中大で同選手権ベスト8に入り、同じく三段目100枚目格付け出しが認められた菅野陽太(22)=埼玉県出身、春日野部屋=も受検予定。昨年春場所の新弟子検査では45人が合格したが、その時よりも9人減った。