2021.2.24 05:02

八村塁、大金星!8試合連続2桁15得点 王者レーカーズ撃破、3季ぶり5連勝/NBA

八村塁、大金星!8試合連続2桁15得点 王者レーカーズ撃破、3季ぶり5連勝/NBA

ジェームズ(右)とマッチアップする八村。NBA屈指のスターに食らい付き、金星に貢献した(USA TODAY)

ジェームズ(右)とマッチアップする八村。NBA屈指のスターに食らい付き、金星に貢献した(USA TODAY)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 ウィザーズの八村塁(23)は敵地ロサンゼルスでのレーカーズ戦に先発して37分14秒プレー。8試合連続2桁となる15得点、6リバウンド、1スチールを挙げた。NBA屈指のスター、レブロン・ジェームズ(36)とのマッチアップで存在感を発揮。延長の末に127-124で競り勝ち、昨季王者からの金星獲得に貢献した。チームは3季ぶりの5連勝で11勝17敗とした。

 無観客の会場で喜びを爆発させた。八村がウィザーズをもり立て、延長にもつれた昨季王者レーカーズとの激闘を3点差で制した。15点を挙げ、連勝記録を「5」に伸ばして胸を張った。

 「勢いに乗ったまま、試合ができた。連係して、チームとして戦えるようになってきた」

 NBA最大のスターに食らい付いた。出場時間の大半で、「キング」の愛称で親しまれるジェームズとマッチアップ。18日のネッツ戦で、NBA史上3人目となるレギュラーシーズン通算3万5000得点を達成した相手に立ち向かった。

 素早い動きでマークを振り切ろうとするジェームズに張り付き、時には相手の顔付近に執拗(しつよう)に手をかざしてシュートミスを誘う。「世界で一番のプレーヤーに、やれるだけのことはできた。なるべく難しいシュートを打たせるようにできた」と守備面での奮闘を誇った。

 攻撃でも貢献した。49-63で前半を折り返したが、後半に追い上げると第4クオーター残り6分46秒。八村が左手でダンクシュートを決め、96-94とリードを奪った。残り2分35秒には3点シュートを沈めた。115-115で突入した延長も、チーム最多33得点のブラッドリー・ビール(27)らと団結。見事に逃げ切った。

 NBA2年目で、デビューから69試合目。延長は2試合目で初勝利となり「少しずつ慣れて、ディフェンスの読みなどができるようになってきた」とうなずく。今季開幕前のオフ期間には肉体改造し、体重は5キロ増。試合後には自主練習を行うなど全ての経験が血肉となる。

 次戦は23日(日本時間24日)にクリッパーズと激突。敵地での連戦だが、8戦連続2桁得点の八村を軸に一丸で連勝街道を歩む。