2021.2.23 21:51

前回優勝の松村、谷田ペア、危なげなく白星発進「いい入りができた」/カーリング

前回優勝の松村、谷田ペア、危なげなく白星発進「いい入りができた」/カーリング

1次リーグ初戦でスイープする松村千秋=みちぎんドリームスタジアム((c)JCA IDE)

1次リーグ初戦でスイープする松村千秋=みちぎんドリームスタジアム((c)JCA IDE)【拡大】

 カーリングの日本混合ダブルス選手権は23日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで開幕して1次リーグが行われ、14日閉幕の日本選手権で女子3位だった中部電力の松村と男子3連覇したコンサドーレの谷田が組む前年度優勝ペアが、C組でチーム田中・今を10-2で下して白星発進した。

 2連覇を目指す松村と谷田のペアは正確なショットを次々と投じ、危なげなく白星発進した。松村は「アイスの滑りや石の曲がりをうまく共有できていた」。谷田は「まず初戦を勝ててほっとしている」と語った。

 日本選手権を終えた直後、疲れの抜けないまま青森に移動し、4日間練習を重ねた。連覇を果たせば来年の北京冬季五輪代表の権利を得る。松村は「いい入りができた。集中力を上げていきたい」と次戦へ意気込んだ。