2021.2.21 15:18

鶴竜、御嶽に14戦全勝 合同稽古、手応えと慎重さ

鶴竜、御嶽に14戦全勝 合同稽古、手応えと慎重さ

右肩付近を痛がる御嶽海(右)と、気遣う鶴竜=21日、両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)

右肩付近を痛がる御嶽海(右)と、気遣う鶴竜=21日、両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 大相撲春場所(3月14日初日・両国国技館)に向けた合同稽古2日目は21日、国技館内の相撲教習所で行われ、腰痛などで4場所連続休場中の横綱鶴竜は2日続けて小結御嶽海と相撲を取り、14戦全勝と順調な調整ぶりを示した。進退の懸かる春場所へ向け「体の状態もいい。飛ばし過ぎないように、しっかり焦らずにやっていきたい」と手応えをのぞかせた。

 鋭い立ち合いからまわしを引いて相手の腰を浮かせ、軽快に足を運んで寄り切る取り口に終始した。22日は違う関取と稽古する意向を示し「(番数は)もっとできるけど久しぶりなので。毎日稽古をして、どういう体の反応をするか。それを見ながらやっていきたい」と慎重さもにじませた。

 大関朝乃山は御嶽海や平幕の阿武咲、明生と取って12勝4敗だった。