2021.2.9 18:23

瀬古リーダー「優しい目で見て」 中村匠吾が出場のびわ湖毎日マラソン/陸上

瀬古リーダー「優しい目で見て」 中村匠吾が出場のびわ湖毎日マラソン/陸上

中村匠吾

中村匠吾【拡大】

 びわ湖毎日マラソン(28日、大津市皇子山陸上競技場発着)の招待選手が9日、発表され、東京五輪代表の中村匠吾(28)=富士通=らが名を連ねた。

 オンライン記者会見に出席した日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(64)は、中村の状態について「体調を崩し、完璧ではないと聞いている」と明かした。瀬古リーダーによると、中村は元日のニューイヤー駅伝後に奄美大島で合宿を敢行していたが、疲労が抜けず、満足のいく練習ができていないという。

 瀬古リーダーは、東京五輪が1年延びた影響で「選手には目に見えない疲れや人には言えない苦しみがある」と指摘。「親心ですかね。彼のプレッシャーを緩めてあげたい。(びわ湖毎日マラソンでは)過度な期待はしないでほしい。優しい目でみてほしい」と要求した。

 びわ湖毎日マラソンの滋賀県開催は今回が最後で、2022年大会からは大阪マラソンと統合される。