2021.2.1 05:03(1/2ページ)

前田穂南、自己ベスト更新の2位!五輪へ「スピード強化」手応え/大阪国際女子マラソン

前田穂南、自己ベスト更新の2位!五輪へ「スピード強化」手応え/大阪国際女子マラソン

特集:
東京五輪競技ニュース
無観客のスタジアムでゴールする前田。粘りの走りで自己ベストを更新した (撮影・宮沢宗士郎)

無観客のスタジアムでゴールする前田。粘りの走りで自己ベストを更新した (撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 陸上・大阪国際女子マラソン(31日、大阪・長居公園内周回コース)東京五輪代表の前田穂南(24)=天満屋=は、自己ベストを更新する2時間23分30秒で2位だった。14キロ付近まで日本記録ペースに食らいつき、「スピード強化」の成果を発揮した。同代表の一山麻緒(23)=ワコール=が2時間21分11秒の大会新記録で初優勝した。今大会は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無観客で開催。公園内を約15周する周回コースで行われた。

 最後まで粘り抜いた。無観客の周回コースに自身の足音が響く我慢のレース。14キロ手前で遠のくライバルの背中を見つめながら、前田は必死に足を動かした。自己記録を18秒更新する2時間23分30秒の2位。大きく崩れない強さを示し、表情を変えずにゴールした。

 「自己ベストをギリギリ出せたのはよかった。途中で落ちてしまったけれど、前半は日本記録ペースで押していき、いい経験になった」

 昨年末に左ふくらはぎを負傷。思い通りの練習を積めなかったが、果敢に日本記録にチャレンジした。東京五輪代表の一山とともに、14キロ地点まで日本記録相当の1キロ3分18秒ペースで刻んだ。

【続きを読む】