2021.2.1 05:00

前田穂南の粘走を演出した田中飛鳥「しっかり最後までサポートしようと」/大阪国際女子マラソン

前田穂南の粘走を演出した田中飛鳥「しっかり最後までサポートしようと」/大阪国際女子マラソン

レース後にガッツポーズで写真撮影するペースメーカーの(左から)田中飛鳥、川内優輝、岩田勇治=31日、ヤンマースタジアム長居(撮影・鳥越瑞絵)

レース後にガッツポーズで写真撮影するペースメーカーの(左から)田中飛鳥、川内優輝、岩田勇治=31日、ヤンマースタジアム長居(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 陸上・大阪国際女子マラソン(31日、大阪・長居公園内周回コース)東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)が2時間21分11秒で優勝。同代表の前田穂南(天満屋)は自己ベストの2時間23分30秒の2位でゴールした。13キロ過ぎで前田は遅れ出したが、ペースメーカーの田中飛鳥(ひらまつ病院)がペースを変えて前田についてけん引した。田中は大会事務局を通じて「予想より早く前田さんが遅れてしまって残り30キロくらいあったが、しっかり最後までサポートしようと。1人になったので後ろを気にしつつ、ペースが落ちないことに気を使った」とコメント。「間近で五輪代表選手と一緒に走れるのはすごくいい経験になった。これからの自分の走りに生かしたい」と振り返った。