2021.2.1 05:00

一山麻緒アシストのペースメーカー岩田勇治「貴重な経験に感謝」/大阪国際女子マラソン

一山麻緒アシストのペースメーカー岩田勇治「貴重な経験に感謝」/大阪国際女子マラソン

レース後にガッツポーズで写真撮影するペースメーカーの(左から)田中飛鳥、川内優輝、岩田勇治=31日、ヤンマースタジアム長居(撮影・鳥越瑞絵)

レース後にガッツポーズで写真撮影するペースメーカーの(左から)田中飛鳥、川内優輝、岩田勇治=31日、ヤンマースタジアム長居(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 陸上・大阪国際女子マラソン(31日、大阪・長居公園内周回コース)東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)が2時間21分11秒で優勝。日本記録更新を狙い、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)とともにペースメーカーとして先頭で一山をけん引した岩田勇治(三菱重工)は大会事務局を通じて「後半は風が強くなって、一山もきつくなってきた。最後は『ラスト、ラスト』とかゴールが近づいたときには『ここ粘れば』とか声をかけながら粘っていった」とコメント。目標とした日本記録には届かなかったが「大会記録を出してくれたのはうれしい。貴重な経験をさせていただき、感謝しています」と振り返っていた。