2021.1.31 17:21

野口みずきさん「時計がちょっと動き出した」 日本新目指した五輪代表に期待/陸上

野口みずきさん「時計がちょっと動き出した」 日本新目指した五輪代表に期待/陸上

会見を行う野口みずき=ヤンマースタジアム長居(撮影・安部光翁)

会見を行う野口みずき=ヤンマースタジアム長居(撮影・安部光翁)【拡大】

 陸上・大阪国際女子マラソン(31日、大阪・長居公園内周回コース)

 日本記録保持者の野口みずきさんが会見し、日本女子マラソン界の現状について「時計がちょっと動き出した」と言い表した。

 東京五輪代表は23歳の一山麻緒(ワコール)が大会新の2時間21分11秒で制し、24歳の前田穂南(天満屋)が自己ベストの2時間23分30秒で2位。2005年に野口さんが出した日本記録の2時間19分12秒は破れなかった。

 野口さんは「まだ前田選手も一山選手も若い。切磋琢磨(せっさたくま)し、刺激を与えあいながら世界との距離を縮めてほしい」と期待を寄せた。