2021.1.26 16:51(1/2ページ)

【ズームアップアスリート】AI採点で体操リモート競技会夢じゃない!!今夏の東京五輪で実用化へ期待

【ズームアップアスリート】

AI採点で体操リモート競技会夢じゃない!!今夏の東京五輪で実用化へ期待

特集:
ズームアップアスリート
記者コラム
国際体操連盟と富士通が手掛ける体操競技の採点支援システム

国際体操連盟と富士通が手掛ける体操競技の採点支援システム【拡大】

その他の写真(1/6枚)

 ◆富士通の最先端システム

 新型コロナウイルスの感染が広まる中、価値を高める先端技術がある。体操の採点支援システムだ。富士通が国際体操連盟(FIG)と手掛ける人工知能(AI)を利用した装置は、今夏の東京五輪での実用化が期待されている。将来的にはリモートによる競技会を実現できる可能性があり、審判の削減にもつながりそうだ。(取材構成・鈴木智紘)

 ◆3次元画像に変換し技を自動認識

 AIが体操界に新しい息吹をもたらしている。富士通が手掛ける採点支援システムを使えば、リモートによる競技会の実現も夢ではない。「同じ基準で採点ができる。チャレンジの途中」。FIGの渡辺守成会長(61)は昨秋、このようにアイデアを明かした。

 このシステムは3Dレーザーセンサーで選手の動きを立体的に捉え、AIが3次元の画像に変換して技を自動認識する。技の難度を示すDスコアの判定において、審判は画像を活用できる。

 ◆昨年11月、国際大会で運用

 昨年11月に日本、米国、ロシア、中国が参加して東京・国立代々木競技場で開かれた国際大会では、男女の跳馬で運用された。渡辺会長によると、英国とドイツの選手もリモートで跳馬のデモンストレーションを行う計画があった。

 同社は2017年にFIGと提携し、システムの開発に着手。19年の世界選手権で初めて導入し、男子のあん馬とつり輪、男女の跳馬で運用した。他種目でも2、3年後までの導入を目指しており、東京五輪での実用化が期待されている。

 体操の技の数は男女で約1500。出来栄えを示すEスコアとDスコアの合計が得点となる。10点満点のEスコアは、腰のひねりや肘の角度などで欠点があれば引かれる。同社は現在、採点規則で細かく定められた減点項目をシステムに反映している。

【続きを読む】