2021.1.22 22:08

坂晃典が6回TKO勝ちで初防衛/BOX

坂晃典が6回TKO勝ちで初防衛/BOX

渡辺卓也(右)にパンチを浴びせる坂晃典

渡辺卓也(右)にパンチを浴びせる坂晃典【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 プロボクシング日本スーパーフェザー級タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われた。同級王者の坂晃典(28)=仲里=が指名挑戦者で同級1位の渡辺卓也(31)=DANGAN AOKI=に6回2分45秒TKO勝ち。初防衛に成功した。

 坂は1年1カ月ぶりの試合で、最後には強打が炸裂(さくれつ)したが、試合後は反省点ばかりを口にした。

 「内容が良くなかったので、勝てたということだけが良かった。せめて何とかして倒したいと思っていた」

 前日計量後に「パンチをもらわずに打つ」と話していたが、渡辺のジャブを多く被弾。それでも手数と右ストレートなどで試合を優位に進め、6回に右ストレートからのラッシュで試合を終わらせた。「初防衛して真の日本王者になれた。次は地元の大阪で防衛戦をやりたい」と前を向いた。