2021.1.21 18:16(1/2ページ)

コース変更で高速化!「14周…あっという間に感じてほしい」一山麻緒/大阪国際女子マラソン

コース変更で高速化!「14周…あっという間に感じてほしい」一山麻緒/大阪国際女子マラソン

  • 大阪国際女子マラソン長居公園周回コースとヤンマースタジアム長
  • 大阪国際女子マラソンコース図
  • 増田明美さん
  • 一山麻緒
  • 岩出玲亜

 ◆長居公園内を約15周する周回コース

 31日に開催される「第40回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、サンケイスポーツなど主催、奥村組協賛)の大会組織委員会は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪の市街地を走る従来のコースから、大阪市の長居公園内を約15周する周回コースに変更することを発表した。公道での開催よりも感染リスクを抑えられると判断。フラットなコースで日本新記録への期待もかけて大会を開催する。

 ◆コロナ禍の影響で…大会史上初

 コロナ禍の影響で、浪速路が今回に限り姿を変えることになった。周回コースでの実施は大会史上初めてとなる。

 主催者側は例年よりも出場選手数を大幅に減らし、スタジアムに観客を入れないなどの対策を講じてきたが、大阪府で13日に緊急事態宣言が再発令されたことから、御堂筋や大阪城公園などを走る例年のコースでの開催を断念し、発着地点の長居公園内でレースを完結させることを決めた。沿道の応援で密集が発生するのを避けるとともに、ボランティアなどの人員も削減でき、公道での開催よりも感染リスクを抑えられると判断した。

 ◆日本陸連が距離計測、世界陸連認証済み…記録は公認

 長居公園内に設定した1周2・813キロの周回路を約15周し、ゴールのヤンマースタジアム長居のトラックを合わせて42・195キロとした。日本陸連による距離計測と世界陸連による認証も済んでおり、記録は公認される。

 大会10日前の苦渋の決定となったが、ふくらむ期待もある。野口みずきが2005年ベルリン・マラソンでマークした日本記録(2時間19分12秒)の更新だ。周回コースは高低差が約5メートルと平坦で、選手にとっては記録を狙いやすくなる。

 ◆高低差約5メートル、ほぼフラット

 昨年4月から10月に延期されたロンドン・マラソンは1周2・15キロの周回路を19周するコースに変更され、女子は世界記録保持者のブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間18分58秒の好タイムで優勝。2017年にはナイキが2時間切りを目指すプロジェクトとしてイタリアで1周2・4キロのコースを設定し、男子のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間0分25秒(記録は非公認)の驚異的な記録で走った。

 今大会では高速化を狙い、ペースメーカーに男子の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)らを起用。タイムを求める上ではコース変更が“追い風”となる可能性は十分ある。東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)は「14周くらいで42キロが終わるんだと思ったら、あっという間に感じてほしいな」と前向きにとらえた。初めて大阪国際に出場する岩出玲亜(千葉陸協)も「フラットなコースで風の影響もなさそう」と印象を語った。

 選手にはPCR検査を義務づけ、長居公園内での観戦は認めない。困難の中でも手を尽くして大会の灯をつなぎ、マラソンの未来へとつなげる。

【主催】日本陸上競技連盟
    関西テレビ放送
    産経新聞社
    サンケイスポーツ
【共催】大阪市
【主管】大阪陸上競技協会
【協賛】奥村組
【協力】ダイハツ工業
    シチズン時計

【続きを読む】