2021.1.13 05:00

木原美悠が初戦敗退…ジュニア女子単で波乱 日本選手権/卓球

木原美悠が初戦敗退…ジュニア女子単で波乱 日本選手権/卓球

ジュニアの部女子シングルス3回戦でポイントを奪われ、首をかしげる木原美悠=丸善インテックアリーナ大阪

ジュニアの部女子シングルス3回戦でポイントを奪われ、首をかしげる木原美悠=丸善インテックアリーナ大阪【拡大】

 卓球・日本選手権第2日(12日、丸善インテックアリーナ大阪)ジュニアの男女シングルスが行われ、2年前の一般の部で準優勝した16歳の木原美悠(JOCエリートアカデミー)が初戦の3回戦で敗れる波乱があった。大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でダブルス3種目の開催を取りやめ、シングルスのみを無観客で実施している。

 2年前に史上最年少の14歳で一般の部の決勝に進んだ木原が初戦で苦杯をなめた。同学年の山脇ゆき(三重・白子高)に1-3の逆転負け。第1ゲームを先取したが、「緊張して足が動かなかった。自分のプレーができなかった」と反省した。一般の部には4回戦からシード選手として登場。「向かっていく気持ちでやりたい。ジュニアより気持ち的にもやりやすい」と雪辱を期した。