2021.1.13 20:17

ベテラン明瀬山、快食快眠で4連勝「変わったことはしていない」/初場所

ベテラン明瀬山、快食快眠で4連勝「変わったことはしていない」/初場所

翠富士を寄り切った明瀬山=両国国技館(撮影・長尾みなみ)

翠富士を寄り切った明瀬山=両国国技館(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 大相撲初場所4日目(13日、両国国技館)史上4番目に遅い28場所ぶり再入幕の明瀬山が4連勝と存在感を強めている。35歳のベテランは小兵の翠富士をつかまえ、丸い腹を預けるようにして寄り切った。

 新入幕の2016年春場所は4勝11敗とはね返された。その時以来の幕内。昨年初場所は幕下だった男は「とてもうれしい。本当に変わったことはしていない。よく食べて、よく寝るだけ」と、ひょうひょうと話した。

 ほのぼのとした愛されるキャラクター。リモート取材中に安治川親方(元関脇安美錦)から「優勝宣言しろよ」といじられ、何度も「無理ですよ。言えないですよ」と苦笑いしていた。

4日目結果へ5日目取組へ