2021.1.13 05:01(1/2ページ)

大栄翔、初日から大関3連破!平幕で戦後3人目の快挙/初場所

大栄翔、初日から大関3連破!平幕で戦後3人目の快挙/初場所

大栄翔(右)が正代を突き出し、3大関を連続撃破。コロナ禍に揺れる今場所を盛り上げる

大栄翔(右)が正代を突き出し、3大関を連続撃破。コロナ禍に揺れる今場所を盛り上げる【拡大】

 大相撲初場所3日目(12日、両国国技館)西前頭筆頭の大栄翔(27)は、かど番の大関正代(29)を突き出して3連勝。平幕力士が初日から3大関を撃破するのは戦後3人目の快挙となった。自身初の綱とりに挑む大関貴景勝(24)は平幕北勝富士(28)に突き落とされて3連敗となり、場所後の昇進は絶望的。かど番の大関朝乃山(26)は小結御嶽海(28)に押し出されて2敗目を喫し、3大関総崩れとなった。

 足し算ではない。前日よりきょう、きょうよりあしたへ。迷いなく、馬力で取る押し相撲の勢いは、掛け算で増していく。突き押しが得意の大栄翔が、大関正代を一方的に突き出した。

 「自分の相撲を取り切れた。どんな相手にも燃えていくけど、大関相手となると気合が入った。立ち合いの角度がいいから、前へ前へ出られている」

 鋭い踏み込みで立ち合ってすぐに、右から突き放す。間髪を入れずに正代の胸を狙って強烈な二の矢、三の矢を飛ばして圧力をかけた。伸びる両腕。止まらない足。正代がたまらず引き技をみせると一気に追撃した。

【続きを読む】