2021.1.12 18:30

キャンプは自治体と連携で プロ野球Jリーグ連絡会議

キャンプは自治体と連携で プロ野球Jリーグ連絡会議

 プロ野球とサッカーのJリーグによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」の今年初会合が12日、オンラインで開かれ、シーズン前のキャンプ実施について、受け入れる自治体との連携、協力が不可欠との認識で一致した。

 専門家は現時点で一律の延期や中止を求めなかったが、地域の要望や医療提供の実情を踏まえて検査態勢を整備する必要性を指摘。キャンプ前に陰性を確認し、期間中も週1回程度の検査を求める意見もあった。観客の来場可否は自治体と調整する。

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「地元がノーという反応で強行することはあり得ない。いかに理解していただくか、という立場だ」と説明した。プロ野球12球団は2月1日に宮崎、沖縄両県で一斉キャンプイン。Jリーグのクラブは1月中旬から順次、沖縄や宮崎、鹿児島、静岡、高知などで合宿する予定。