2021.1.12 17:47(1/3ページ)

【VSコロナ】昨年「中央競馬」売り上げ前年比増支えた要因とは…

【VSコロナ】

昨年「中央競馬」売り上げ前年比増支えた要因とは…

特集:
VSコロナ
戦後初めて無観客で行われた昨年の日本ダービー。コントレイル(左)が無敗で勝利を収めるかに注目が集まり、馬券はネット・電話投票のみながら230億円以上の売り上げを確保した=2020年5月31日、東京競馬場(代表撮影)

戦後初めて無観客で行われた昨年の日本ダービー。コントレイル(左)が無敗で勝利を収めるかに注目が集まり、馬券はネット・電話投票のみながら230億円以上の売り上げを確保した=2020年5月31日、東京競馬場(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 コロナ禍で影響を受けた各界の現状や今後の展望を探る連載の第5回は「中央競馬」を取り上げる。昨年は2月末から約7カ月半の無観客開催を余儀なくされるなど厳しい環境ながら、売り上げは前年比プラスを記録した。その好況だった背景を探る。(取材構成・漆山貴禎)

◆徹底した感染対策行い7カ月半無観客開催

 コロナの逆風にも負けず、馬券は売れている。昨年のJRA総売り上げは2兆9834億5587万2000円で、対前年比103・5%と9年連続でのプラスを記録。無観客開催となった期間が約7カ月半もあったことを思えば驚異的だ。JRAお客様部・事業統括室の河合政幸専門役(44)も驚いたような口ぶりで振り返る。

 「無観客開催は初めての経験。まさかと言ったら変になるのですが、年間の売り上げが(対前年比)100%を上回るということは全く想定していませんでした」

 当然ながら開催が中止されれば収益はない。そうならないためにも、JRAは徹底したコロナ対策を行ってきた。まずは感染拡大防止のため、昨年は2月29日~10月4日の競馬を無観客で開催。その後も入場を事前の指定席券当選者に限定するなどの措置を行った。密になりがちなスタンドのゴール前はファンの立ち入り禁止。馬主は来場を自粛、生産者は来場の制限対象となり、現在もGI競走を除いて表彰式は行われていない。さらに、7日の1都3県への緊急事態宣言の発令を受け、9日から中山競馬は再び無観客となり、関東圏のウインズ等場外発売所も馬券発売を休止している。

【続きを読む】