2021.1.1 19:29

大迫が実業団駅伝をテレビ解説 4区首位の中村匠は「さすがだな」

大迫が実業団駅伝をテレビ解説 4区首位の中村匠は「さすがだな」

4区で抜け出す富士通の中村匠吾(右)=群馬県太田市(代表撮影)

4区で抜け出す富士通の中村匠吾(右)=群馬県太田市(代表撮影)【拡大】

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに36チームが参加して行われ、富士通が4時間48分52秒で12年ぶり3度目の優勝を果たした。トヨタ自動車が1分3秒差で2年連続の2位、5連覇を狙った旭化成は3位だった。

 富士通の中村匠、トヨタ自動車の服部と、東京五輪のマラソン代表2人が活躍した大会で、同じく代表の大迫(ナイキ)がテレビ解説を務めた。

 スーツ姿の大迫は、4区で首位を奪った中村匠に「さすがだなと思う」とコメント。昨年12月の福岡国際を右脚痛で欠場しながらも5区の区間賞を獲得した服部についても、短い期間でレースに合わせた調整力を称賛した。