2021.1.1 17:37

連覇4で止まった旭化成 西村監督「力負け」/駅伝

連覇4で止まった旭化成 西村監督「力負け」/駅伝

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに36チームが参加して行われ、旭化成の連覇は4で止まった。約1カ月前の日本選手権で男子1万メートルの日本記録を塗り替え五輪代表に決まった相沢は、右膝の痛みで不出場。追う展開となり、西村監督は「チームの状態は過去最高と思ったけど、他のチームがそれ以上に力を付けていた。力負けだ」と厳しい表情を見せた。

 不安があった2区で2位から13位に後退。3区で大六野が区間2位と奮闘して再び2位に浮上したが、その後トップの背中は遠ざかった。上位3チームで唯一、区間賞獲得者なし。大六野は「僕も含め、最後の詰めが足りなかった」と悔しさをかみしめた。