2020.12.29 17:20

仙台大明成が3年ぶりV、東山に逆転勝ち 全国高校バスケ

仙台大明成が3年ぶりV、東山に逆転勝ち 全国高校バスケ

東山を破って優勝を決め、喜ぶ仙台大明成の選手ら=東京体育館(JBA提供)

東山を破って優勝を決め、喜ぶ仙台大明成の選手ら=東京体育館(JBA提供)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 バスケットボールの全国高校選手権最終日は29日、東京体育館で男子決勝が行われ、仙台大明成(宮城)が東山(京都)に72-70で逆転勝ちし、3年ぶり6度目の優勝を果たした。

 仙台大明成は42-55で迎えた第4クオーターに激しい守備からの速攻で追い上げ、70-70だった残り5秒に山崎一が決勝のジャンプシュートを決めた。山崎一は両チーム最多の25得点。4年ぶり2度目の決勝進出で初優勝を狙った東山は後半途中まで優位だったが、仙台大明成の守備にリズムを崩された。

 今大会は新型コロナウイルスの影響による欠場、棄権が男女計7チームに上った。