2020.12.28 18:44

東京成徳、桜花学園の高さに屈する 全国高校バスケ

東京成徳、桜花学園の高さに屈する 全国高校バスケ

女子決勝で桜花学園に敗れ、準優勝に終わった東京成徳大高=東京体育館(JBA提供)

女子決勝で桜花学園に敗れ、準優勝に終わった東京成徳大高=東京体育館(JBA提供)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 バスケットボールの全国高校選手権第6日は28日、東京体育館で行われ、女子は決勝で桜花学園(愛知)が東京成徳大高に89-65で勝ち、2年連続23度目の優勝を果たした。

 東京成徳大高は桜花学園の高さに屈した。リバウンド数で29-49と圧倒され、後半は相手の186センチのオコンコを止められなかった。遠香監督は「(ゴール下で)桜花の圧力に負けた時間帯が結構あった」と悔やんだ。

 さほど上背のないチームながら、緻密さとスピードで勝ち上がった。11大会ぶりの決勝で女王の壁に阻まれたが、遠香監督は「チーム一丸で最後まで戦えた」と選手をたたえた。