2020.12.23 05:01

前田穂南、力強く宣言「限界は、ないです」/陸上

前田穂南、力強く宣言「限界は、ないです」/陸上

特集:
東京五輪競技ニュース

 「第40回大阪国際女子マラソン」(来年1月31日、サンケイスポーツなど主催、奥村組協賛)の出場選手が22日、大阪市内で発表された。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(64)は、ペースメーカーに川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=ら男子選手を初めて起用することを明らかにした。出場する東京五輪代表の前田穂南(24)=天満屋=と一山麻緒(23)=ワコール=らに、2005年に野口みずきが出した日本記録(2時間19分12秒)更新を期待した。

 東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップで“女王”となってから1年4カ月。前田が東京五輪に向けて大阪から再出発する。

 「日本記録更新を目指して頑張ります。限界は、ないです」

 記者会見で用意されたVTRに登場し、力強く宣言した。浪速路は3回目。ネクストヒロインで初マラソンを走った2017年、自己ベスト(2時間23分48秒)で2位だった18年と過去2回は記憶に残るレースだった。

 今回は一山と五輪代表2人による直接対決。瀬古リーダーは「同じレースでライバル2人が出るというのは、いい記録が出る一番の環境」と期待する。「久々のマラソンのレースになるので、まずしっかりレース感覚を経験して、オリンピックにつなげられたらと思います」と前田。五輪への最高のステップにする。