2020.12.20 19:10

仙台育英、2連覇逃すも4年連続で表彰台/全国高校駅伝

仙台育英、2連覇逃すも4年連続で表彰台/全国高校駅伝

全国高校駅伝女子で3位の仙台育英=京都市

全国高校駅伝女子で3位の仙台育英=京都市【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 全国高校駅伝は20日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第32回の女子(5区間、21・0975キロ)は世羅(広島)が1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。2年ぶりの頂点を狙った神村学園(鹿児島)が2位、2連覇が懸かった仙台育英(宮城)は3位だった。

 女子の仙台育英は2連覇を逃したが、4年連続で表彰台に。釜石監督は「毎年優勝争いのできるチームができてきた」と前向きに捉えた。

 4位でたすきを受けたアンカーの米沢は「どんな展開でも自分の走りをすると決めていたので気にしなかった」とペースを守った。目標の15分25秒に及ばず「まだまだ実力が足りないと分かったのは収穫だった」と反省したが、圧巻の走りを披露した留学生に食らいつき、区間3位となった。監督は「日本を代表するレベルの選手になった。よく後半耐えてくれた」と褒めたたえた。