2020.12.18 12:00

【ベテラン記者コラム(84)】在宅勤務で習得…一二三もしぶこも見られました

【ベテラン記者コラム(84)】

在宅勤務で習得…一二三もしぶこも見られました

特集:
記者コラム
ベテラン記者コラム
東京五輪の柔道男子66キロ級代表に決まり、記者会見する阿部一二三=13日午後、東京・講道館(代表撮影)

東京五輪の柔道男子66キロ級代表に決まり、記者会見する阿部一二三=13日午後、東京・講道館(代表撮影)【拡大】

 新型コロナウイルスの影響で4月から6月半ばまでは在宅勤務だったし、とにかく“おうち時間”が増えた。

 おかげでおっさんでも覚えたことがある。インターネットの動画配信サービスだ。アマゾンはいつのまにかプライム会員になっていたので「アマゾンプライムビデオ」で映画やテレビ番組を見るようになった。近所のTSUTAYAの店舗もなくなってしまったので、とても重宝した。

 好きなアーティストが配信ライブを行うというので「U-NEXT」「ニコニコ生放送」などの会員にもなった。配信ライブなんてコロナの時代ならではのこと。各テレビ局の動画配信アプリはあまり使わなかったが、大変お世話になったのが「TVer」だ。いろいろなテレビ局の見逃した番組や、ときには地方局のローカル番組も見られるので、楽しみが増えた。

 なぜこんなことを書いたかというと、そうです。13日に行われた柔道の東京五輪男子66キロ級代表決定戦。テレビ東京系で生中継された丸山城志郎-阿部一二三の一戦は会社のテレビで見ていたが、ご存じのとおり、4分間では決着がつかず、延長が16分過ぎたところで、続きはネットで見ろという表示が出てテレビ中継が終わってしまった。

 あわててパソコンでYoutubeを開いて「テレビ東京スポーツ」で見ようとしたが、アクセス過多なのか画面が固まっている。そこでスマホを取り出して「ネットもテレ東」のアプリを開いたが、同じことを考えている人が多いのか、これまたつながらない。それではと「TVer」を開いたら、すぐにつながった。おかげですぐに続きが見れて、まぁ画面はずいぶん小さくなってはしまったが、死闘の決着がつく瞬間はしっかりと見ることができた。

 地上波生中継の打ち切りについてはずいぶん批判もあったようだが、そもそもテレビ東京は地上波以外にも前述の3媒体でのインターネット生中継も行っていた。はじめからネットで視聴していた人も多いのではないか。今の時代ならではの方法での中継で、おかげで筆者も助かりました。

 なお、テレビ東京は、悪天候で翌日に順延となったゴルフの全米女子オープン最終ラウンドも14日午後11時58分から緊急生中継する大英断。WOWOWに加入してないから見られないと涙目だった同僚記者もめでたく渋野日向子のプレーを見ることができた。代わりにお礼を申し上げます。(牧慈)