2020.11.26 21:07

全柔連、女性理事増員へ 理事定数を引き上げ

全柔連、女性理事増員へ 理事定数を引き上げ

 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、オンラインで常務理事会を開き、定款で「20人以上30人以下」となっている理事定数の上限を33人に引き上げる方針を確認した。競技団体に健全運営を促す国の指針「ガバナンスコード」に沿って、女性理事の増加を促す狙いがある。

 指針は、女性理事40%以上を目標に定める。全柔連の女性理事は現在、30人中4人で、増員分を女性とし、徐々に割合を増やす方向。12月の理事会、評議員会を経て正式決定する。

 10月の講道館杯全日本体重別選手権で誤審があったと認定した男子60キロ級決勝を受け、講道館杯と全日本選抜体重別選手権での青色道着の導入を理事会に諮ることも決めた。これまで国内大会では白色の柔道着のみで争ってきた。