2020.11.26 18:35

鍵山&佐藤の高2コンビ、GP初出場Vへ4回転調整/フィギュア

鍵山&佐藤の高2コンビ、GP初出場Vへ4回転調整/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
調整する鍵山優真=東和薬品ラクタブドーム(代表撮影)

調整する鍵山優真=東和薬品ラクタブドーム(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。男子で優勝候補の鍵山と佐藤の高校2年生コンビはGP初出場優勝の鍵となる4回転ジャンプの調整に努めた。

 冬季ユース五輪金メダリストの鍵山はサルコーとトーループの4回転の精度が尻上がりに高くなり「会場の雰囲気や氷の感触になじんでからはすごくいい練習ができたので良かった」と手応えを得た様子だった。

 昨季のジュニアGPファイナル覇者の佐藤は股関節痛で4回転サルコーを回避するが、ルッツとトーループの4回転の質が高く「すごくジャンプの調子も良かったので、この調子でいけたらいい」と自信ありげに言った。