2020.11.26 18:10

GP初V狙う樋口と坂本 大技の実戦初成功が大きな鍵/フィギュア

GP初V狙う樋口と坂本 大技の実戦初成功が大きな鍵/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
坂本花織
調整する樋口新葉=東和薬品ラクタブドーム(代表撮影)

調整する樋口新葉=東和薬品ラクタブドーム(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。女子はともにGP初優勝を狙う樋口と坂本が挑戦的な構成でしのぎを削ることになりそうだ。樋口は公式練習でフリーの音楽を流し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。「90パーセントは気持ちで跳んでいる」という大技の実戦初成功が大きな鍵を握るだけに「しっかり決め、大きなミスがないように滑りきりたい」と決意をにじませた。

 坂本は10月末の西日本選手権からSPの構成を変更。フリップ-トーループの2連続3回転を前半から後半に移し、単発の3回転をループからルッツに変えて基礎点を底上げし「今の自分ができるマックスの構成。伸びのある滑りを見てもらいたい」と闘志を燃やした。