2020.11.26 05:00

羽生結弦、全日本選手権にエントリー 出場なら10カ月ぶり実戦に

羽生結弦、全日本選手権にエントリー 出場なら10カ月ぶり実戦に

特集:
羽生結弦
羽生結弦

羽生結弦【拡大】

 日本スケート連盟は25日、フィギュアの全日本選手権(12月25-27日、長野市ビッグハット)のエントリー選手を発表し、冬季五輪男子2連覇の羽生結弦(25)=ANA=が名を連ねた。

 今季は一度も大会に出場しておらず、世界選手権(来年3月、ストックホルム)代表の最終選考会となる全日本に出場すれば、2月の四大陸選手権以来、約10カ月ぶりの実戦。2022年北京五輪プレシーズンの初戦となる。

 ぜんそくを持病とする羽生は「呼吸器系基礎疾患を有する者が(新型コロナウイルスに)罹患(りかん)した場合、重症化しやすいとの情報もあるので、可能な限り慎重に行動したい」として10-11月のグランプリ(GP)シリーズ出場を見送っていた。

 コロナ禍により競技活動が制限された期間は勉学に励んで卒論を完成させ、9月に早大人間科学部の通信教育課程を卒業した。

 16-18年の全日本は足首のけがや病気を理由に欠場。4年ぶりに出場した昨年は2位だった。