2020.11.25 16:56

立命大、打倒関学へ気合 古橋監督「泥くさく粘り強く」/アメフト

立命大、打倒関学へ気合 古橋監督「泥くさく粘り強く」/アメフト

特集:
アメフト

 アメリカンフットボールの関西学生トーナメント決勝(28日、万博記念競技場)で関学大と対戦する立命大が25日、オンラインで記者会見し、古橋由一郎監督は「運動量で負けないこと。泥くさく粘り強くやるしかない。何とか食らいついて、どういう形でも勝ちたい」と抱負を述べた。

 勝者が12月13日の甲子園ボウルに関西代表として出場する。2015年を最後に遠ざかる大舞台へ、QB野沢研は「甲子園ボウルで勝って、ライスボウルで勝つというところにこだわっている。焦らず、いつも通りのプレーができれば、おのずと結果はついてくる」と静かに闘志を燃やした。