2020.11.25 23:16

田中教仁が世界戦での敗戦から再起を飾るも「ダメでした」

田中教仁が世界戦での敗戦から再起を飾るも「ダメでした」

再起戦で判定勝ちした田中教仁

再起戦で判定勝ちした田中教仁【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 プロボクシングミニマム級8回戦が25日、東京・後楽園ホールで行われた。WBC世界同級11位、WBA世界同級15位の田中教仁(35)=三迫=が、高田勇仁(22)=ライオンズ=に3-0の8回判定勝ち。世界戦での敗戦から再起を飾った。

 田中は1回から上下に打ち分けて主導権を握ったが、慎重になりすぎたこともあり決め手を欠いた。試合後は「フル(マーク)でもなかったし、倒せないしダウン一つもなく。ダメでした」と反省を口にした。

 3月に初の世界戦(タイ・ナコンサワン)でWBA世界同級スーパー王者のノックアウト・CPフレッシュマート(30)=タイ=に0-3の12回判定負けを喫した。「世界ランクがあるうちに諦めるのはもったいない」とすぐに再起を決意し、世界再挑戦への第一歩となる試合だった。

 「一からやりなおす。すぐに練習に復帰する」。今後は地域タイトルへの挑戦も視野に入れる。