2020.11.23 05:03(2/2ページ)

来場所さぁ綱とり!貴景勝が大関初V、決定戦は「脳を止めて体に任せた」/11月場所

来場所さぁ綱とり!貴景勝が大関初V、決定戦は「脳を止めて体に任せた」/11月場所

特集:
貴景勝
本割で照ノ富士(上)に浴びせ倒された貴景勝

本割で照ノ富士(上)に浴びせ倒された貴景勝【拡大】

その他の写真(2/3枚)

 小結だった平成30年九州場所以来、2年ぶりに抱く賜杯。「(本割で)負けてできることは無心になって、挑戦者になって。新弟子のころから目指したもの。何も考えず、ただ強くなりたかったことを思い出してぶつかった」と振り返った。

 2横綱2大関が休場し、5日目から一人大関になった。支えてくれる人のためにも「いい相撲を見せたい。恥ずかしい相撲は取れないと…」。8月末、元大関北天佑(故人)の次女、千葉有希奈(ゆきな)さん(28)との婚約を発表した。有希奈さんは現在、貴景勝の生活をサポートしており、1月の初場所では二人三脚で自身初の「綱とり」に挑む。

 現役時代は北天佑の兄弟子で、当時三保ケ関部屋の師匠として指導もした元大関で現在は歌手として活躍する増位山太志郎さん(72)は、横綱になる資質に恵まれながら夢を果たせなかった北天佑の無念さを傍らで見てきた。有希奈さんも子供のころから知っている。

 「最後まで悔やんでいた。貴景勝が横綱になることが、もの言わぬ(北天佑の)魂の継承になる。有希奈ちゃんも尽くすタイプだと思うよ」。義父の忘れ形見と大きな、大きな夢を追う。(奥村展也)

千秋楽結果へ